それいいね!

誰かの役に立ち、喜んでもらえるインターネットを。

大相撲の力士の月給はいくら?十両に上がるまで給与が支給されない現実

毎場所、館内を熱狂させる力士たちの月収は?

毎場所、館内を熱狂させる力士たちの月収は?

凄惨な暴力事件が起きようが、八百長問題が騒がれようが、みんなが大好き、大相撲。両国国技館はいつも満員御礼の垂れ幕が下がっています。

そういう私も好きで、場所中はついついNHKにチャンネルを合わせてしまいます。

NHKは大相撲専用のTwitterアカウントを開設しました。
力が入ってますね〜。

さて、大相撲は巨漢同士が1対1でぶつかり合う激しいスポーツですが、テレビで見るような力士たちはいったいどのぐらいの収入を得ているのでしょう。

プロ野球選手の契約更改のたびに(推定の)年俸が報道されますが、大相撲の力士がどれだけのお金をもらっているのかはあまり知られていませんよね。

力士の収入はその力士のランク(番付)によって、大きく異なります。

横綱の月給は282万円、十両でも103万円

番付最高位である横綱の月給は282万円です。
次いで、大関が234万7000円。
三役(関脇・小結)だと169万3000円。
幕内で130万9000円となっています。

各界(相撲界)では「関取になったら一人前」と言われています。
関取とは十両以上の番付の力士のことですが、十両の月給が103万円です。

以上はあくまでも月給です。
月給以外にも賞与や本場所特別手当(三役以上が対象)、出張手当、補助金などが加算されて、横綱で5,000万円近くの年収になります。

これに、取組の懸賞金やイベント出演料、CM出演料も加わってくると、1億円を超えても不思議ではありません。

幕下以下の番付の力士には給与が支給されない

 びっくりするかもしれませんが、十両より下位の幕下以下には基本給はありません。
幕下以下の力士の収入は、本場所ごと(年6回)に支給される場所手当(正式には養成員場所手当)のみになります。

場所手当の金額は、幕下で16万5000円、三段目で11万円、序二段で8万8000円、序の口で7万7000円です。

本場所は2ヶ月に1回(奇数月)の開催ですから、部屋で寝泊まりしている身分とは言え、かなり少ないですね。
そのため、関取の先輩力士に食事をご馳走してもらうことも多いようです。

平成の大横綱・貴乃花などは、自身のクレジットカードを若い衆に預け、焼肉屋に行かせた、なんて話もありました。

関取の数は全力士の12%

十両から月給が支払われるのは前述のとおりですが、その関取の人数はどのくらいでしょうか。
十両が28人、幕内が42人。合計70人となります。

では、月給の出ない幕下以下の人数は?
幕下、三段目、序二段、序の口を合わせて、約580人です。

つまり、関取(月給が出る力士)は全力士の12%しかいない、とんでもない世界なんですね。
我々がテレビをつけたときに出てくる力士は、みな一流だということです。

これから、大相撲を見る目が少し変わりそうですね。

大相撲の解剖図鑑

大相撲の解剖図鑑

  • 作者: 第三十四代木村庄之助,伊藤勝治
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2016/09/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)