それいいね!

誰かの役に立ち、喜んでもらえるインターネットを。

Googleマイビジネスは地域ビジネスなら絶対に登録しておきたいスーパーツールだ。

パン屋の風景

突然ですが、Googleマイビジネスをご存知でしょうか。

インターネットの王様・Googleが提供している、地域ビジネス(スモールビジネス)向けのビジネスツールです。

Googleのシステムに、お店や事業所などのビジネス情報を登録することで、Googleの検索結果画面やGoogleマップでビジネスをPRできるツールです。

www.google.com

Googleマイビジネスはお店や事業所のもうひとつの看板

このGoogleマイビジネスに登録をすると、Googleの検索結果画面やGoogleマップに、ビジネスの所在地や電話番号、写真、営業時間などが適切に表示されるようになります。

スマートフォンで見ると、こんなように。 

Googleマイビジネスの画面サンプル

お店の名前で検索すると、このような画面が出てきます。

この例で言うと、ビジネス名は「ABCベーカリー」。
「電話」ボタンをタップすれば直接お店に電話をかけることができ、「経路案内」でGoogleマップが現在地からお店までの道のりを示してくれます。
さらに、「共有」で知り合いにお店の情報を知らせることができ、「ウェブサイト」をタップすれば、そのお店のウェブサイトにジャンプできます。

このように、Googleでお店の名前を検索すると、その詳細情報が画面いっぱいに表示されるようになっているのです。

Googleマイビジネスに登録することは、インターネット上にお店のもうひとつの看板→ネット看板を作るようなものなのです。

Googleマイビジネスに登録したほうがよいビジネスとは

登録の業種(カテゴリ)はほぼ問いません。

パン屋さん、お花屋さん、洋食屋さん、お医者さん、エステサロンさん、八百屋さん、法律事務所さん、整骨院さん、美容室さん、お惣菜屋さん、幼稚園さん、居酒屋さん、介護事業者さん、カフェ屋さん、薬局さん、本屋さん、不動産屋さん、工務店さんなどなど、店舗や事業所をかまえて商売をしているすべてのビジネスが対象と言えます。 

なお、たいていのビジネスは、Googleでビジネス名を検索すると画面いっぱいにGoogleマイビジネス表示されます。
特に何もしていないのに、お店のGoogleマイビジネスが勝手に作られているのです。

なぜかと言うと、Googleがインターネットの情報の中から、そのビジネスに関連する情報を自動で収集してまとめているからなんですね。

または、Googleの「ローカルガイド」と言われるユーザーが近所のビジネス情報をせっせと登録してくれていたりもします。

ただし、Googleマイビジネスにきちんと登録することで、発信できるビジネス情報の幅が広がるしくみになっています。

もし、これを読んでいるビジネスオーナーがいらっしゃったら、Googleマイビジネスに今すぐ登録することをおすすめします。

ほとんどのビジネスオーナーがGoogleマイビジネスを知らない

登録して損をすることは何もないツールでありながら、Googleマイビジネスの知名度はいまひとつです。

何人かのビジネスオーナーに聞いてみても、ほぼまったく知られていないのが現状です。もったいない…。

ご自分の勤務先や知り合いの会社がGoogleマイビジネスに登録しているかを確認し、登録していないようでしたら、すぐに登録をすすめましょう。

ビジネス名で検索し、「このビジネスのオーナーですか?」という文字が表示されていたら、Googleマイビジネスに登録していない証拠です。

オーナー確認をすませてGoogleマイビジネスに登録しよう

インターネットの人口普及率が83%を超えた今、ネットでの宣伝・集客を軽視するビジネスオーナーは少ないはずです。

月間6,000万人がGoogleで何か検索し、月間3,300万人がGoogleマップで道順を調べています。
Googleマイビジネスに登録することで、Google検索とGoogleマップから新たな顧客を呼び込めるチャンスが高まるのです。

また、ローカル検索にも強くなり、Googleによると地域からの信頼度2倍になるとか…。

こちらのページ からGoogleマイビジネスの登録を進めることができます。

ビジネスオーナーの方は、Googleアカウントを準備して、ぜひ取り組んでみてください。

きっと、新たな顧客を創造するチャンスが広がると思います。