それいいね!

誰かの役に立ち、喜んでもらえるインターネットを。

【保存版】熱中症の予防対策。2つのことに注意して熱中症をしっかり防ごう。

あまりの暑さに汗を拭う女性

2018年の夏は記録的な暑さとなりました。

この連日の猛暑で熱中症を訴える人が続出し、7月には東京消防庁の1日の救急出動件数が過去最多を記録しました。

テレビのニュースでは、連日「命に関わる危険な暑さ」とか「ためらわずに冷房使用を」と呼びかけていました。

しかし、どうすれば熱中症にかからなくてすむのか、その方法論を具体的に理解している人がどれだけいたでしょうか。
そもそも熱中症とはどんな病気なのか、理解している人はどれだけいたでしょうか。

「危険だ!」というかけ声だけでは無意味です。熱中症についてよく理解して、正しい行動をとる必要があります。

しっかりと予防すれば、熱中症は100%防げるのです。

そもそも熱中症とは

体温調節機能が働かなくなる

人間の体はとてもよくできています。

(夏の暑い日など)気温が高くて体温が上がったときには汗をかいて熱を体の外に逃がし、
(冬の寒い日など)気温が低くて体温が下がったときには熱をため込んでくれます。

常に適切な体温になるように調整してくれる機能が、あらかじめ備わっているのです。すごいですよね。

「熱中症」とは、高温多湿の暑い環境に長時間いることで、この体温調整機能に異常が起こり、体の熱を放出できなくなって、体内に熱がたまってしまう症状のことを言います。

気温が高くてムシムシとした場所に長い時間いると、私たちの体は適応できなくなってしまうのです。

気をつけることは2つ

①体温の上昇 ②脱水

熱中症の重症度は3段階に分かれます。

まず、めまい、立ちくらみ、足の筋肉がつる、お腹の筋肉の痙攣(けいれん)などが起こります。

そこから症状が進むと、頭痛、おう吐、ぐったりした感じになります。

さらに重症化すると、意識障害、全身の痙攣(けいれん)、全身が熱くなる高体温などが起こり、最悪の場合は死亡につながることもあるのです。

熱中症にかからないために、次の2つに気をつける必要があります。
逆に言えば、この2つにさえ気をつければ、熱中症を予防することができます。

それが、体温の上昇脱水です。

体温の上昇を防ごう

温度は28℃以下、湿度は70%以下に

暑くムシムシとした環境に長くいると、体温調節機能が乱れて、体の熱を放出できなくなり、体温が上昇します。

これにより、めまいや立ちくらみをしたり、ふくらはぎがつったり、お腹の筋肉が痙攣(けいれん)したりなどの熱中症の症状が起こります。

ニュースで「ためらわずにエアコンを」とたくさん伝えているのは、このためなんです。

熱中症にならないために、まず体温の上昇を抑えよう。体温の上昇を抑えるために、今いる場所を涼しくしよう(=エアコンをつけよう)ということですね。

体温の上昇を防ぐために、エアコンを使って部屋の温度を28℃以下に設定しましょう。また、湿度は最低でも70%以下に保つようにしましょう。

扇風機だけでは湿度を下げることができない

エアコンなんてなくても、扇風機だけで十分!と言う人もいますが、扇風機だけでは湿度をコントロールできません。エアコンを使うようにしましょう。

湿度が高いと汗が蒸発されにくくなり、熱中症の危険が高まるためです。たとえ、気温が25℃以下でも、湿度が80%あれば熱中症になることがあるのです。

自分がいる場所の暑さ指数を知っておこう

なお、どのくらい熱中症になりやすいかを示した「暑さ指数」がリアルタイムでわかるウェブサイトがあります。

地域を選択できるので、自分のいる場所がどれだけ気をつける必要があるか、チェックしましょう。

激しい運動を控えよう

私たち人間の体では、いつも熱が作られています。これを「産熱」といいます。この熱を体の外に逃がすことを「放熱」といいます。

産熱と放熱が常に繰り返され、私たちの体温は36〜37℃に保たれています。

これがスポーツなどでたくさん体を動かすと、筋肉でたくさんの熱が作られて体温が上がります。

ただでさえ、暑いところにいれば体温が上がります。暑いところにいて、体温が上がるような激しい運動をすれば、熱中症にかかりやすくなるのは当然ですよね。

暑さ指数の高い日は、運動を控えるようにしましょう。

環境省は、35℃以上での運動を原則中止としています。
どうしても運動しなければならないときは、30分に一度は休憩を取り、冷たいタオルなどで体温を下げ、スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給してください。

睡眠中も熱中症になる

また、寝ているときも油断はできません。
寝ている間に熱中症にかかることもあるので、睡眠中も温度を28℃以下、湿度を70%以下にキープしましょう。

脱水を防ごう

水分補給を習慣にしよう

脱水とは、体の中の水分の量が不足した状態のことを言います。

私たちの体の50〜80%は水分です。ふつうに生活しているだけでも、おしっこや汗、息などで水分を失います。

脱水を防ぐためには、まずしっかりと水分を補給することが基本となります。

たとえ、喉が乾いていなくても、外出の前後・運動の前後・入浴の前後・睡眠の前後などにコップ1杯(200ml)の水分を摂ることを習慣にするとよいでしょう。

*持病があり水分の摂り方に注意が必要な方は、かかりつけ医にご相談ください

汗をかいたら塩分も補給しよう

暑いときには汗をたくさんかきますよね。

汗をかくことは、体の熱を逃がして体温が上がりすぎないように調節するために必要なことです。

しかし、汗をかいて、そのまま何もしないのはいけません。汗をかくことで、体の中の水分と塩分が失われているからです。

水分だけを補給すると、塩分が不足して血液が薄い状態になってしまうので、塩分も一緒に摂るようにしましょう。

目安としては、コップ1杯(200ml)の水に、ひとつまみ(0.2g)の塩を入れた塩水か、スポーツドリンクがよいと言われています。

お水しかないときは、梅干しやお味噌汁などで塩分を補給することもできます。

熱中症予防のための、最も手軽で確実な水分補給は、『飲む点滴』と言われている経口補水液を飲むことです。アクエリアスの経口補水液もあるんですよ。

もしも熱中症になってしまったら

熱中症の対処方法

熱中症になってしまった場合の対処方法は、以下のとおりです。

【I度】
めまい・失神(立ちくらみ)・筋肉痛・脚がつる・大量の発汗

まず、体温を下げることが重要です。
エアコンの効いた涼しい場所に移動して、水分・塩分を与えます。このとき、飲ませてあげるのではなく、自力で飲んでもらいましょう。その後、安静にします。
氷袋か冷たいペットボトル飲料などで、太い血管があるところ(首筋・脇の下・足の付け根・足首)を冷やしましょう。体温を下げる効果があります。

【II度】
頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠(けんたい)感・虚脱(きょだつ)感

【I度】と同じですが、力で水分・塩分をとれない場合は、すぐに病院に搬送してください。

【Ⅲ度】
意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

すぐに救急車を呼んでください。急いで病院に搬送しなければなりません。

熱中症についてしっかりと知り、自分と家族、友人を守ってください。

正しく予防をすれば、熱中症は100%防げます。