それいいね!

横浜市に住んでいる2児のパパのブログです。妻、2歳長女、0歳次女の4人家族で、てんやわんやながら毎日楽しく過ごしています。

【百害あって一利なし?】利用していない固定電話はすぐに解約しよう

利用していない固定電話は解約しておこう。

利用していない固定電話は解約しておこう。

こちらの記事で、振り込め詐欺の基本対策は固定電話の解約にある、と書きました。

誰もが携帯電話やスマートフォンを持っている時代です。家の電話がないと困るシーンはほとんどないと言っていいでしょう。

下のグラフのとおり、固定電話の契約数は年々減少傾向にあります。

固定通信の契約数は年々減少傾向。

固定通信の契約数は年々減少傾向。

総務省|平成30年版 情報通信白書|提供状況

振り込め詐欺の電話の97.5%は固定電話にかかってきますし、欲しくもない商品の営業電話もしょっちゅうかかってきます。

家族や友人とは携帯電話で連絡をとればいいわけです。

もはや、固定電話は「百害あって一利なし」と言っても過言ではないのです。

固定電話の解約とは

固定電話の解約とは、電話の加入権とその電話番号を完全に手放すことです。

工事費などはかかりません。

また、完全に解約する以外にも2つの中断方法がありますので、念のためご紹介しておきます。

固定電話の一時中断

固定電話を解約せずに「利用を中断をする」方法です。

しかし、中断しても毎月の基本料金などは発生し続けますので、固定電話の利用を停止したい場合は解約を選択するべきでしょう。

また、中断のための工事費が発生します。

NTT局内工事のみで完了する場合は税別¥2,000、訪問工事が必要な場合は税別¥10,000が、電話を止めるときと再開するときのそれぞれでかかります。

固定電話の利用休止

固定電話の利用には電話加入権が必要ですが、この「利用休止」とは、電話加入権を保持しつつ最大で10年間利用を休止する制度で、休止期間中の基本使用料の支払いは必要ありません。

しかし、固定電話を利用休止する際には電話番号を手放さなくてはいけません。そのため、利用を再開したいときは、改めて電話加入権を購入する必要はありませんが、電話番号は変わることになります。

また、利用休止のための工事費も発生します。

NTT局内工事のみで完了する場合は税別¥2,000、訪問工事が必要な場合は税別¥10,000が、電話を止めるときと再開するときのそれぞれでかかります。

固定電話をほとんど使っていなければ、思い切って解約しよう

固定電話は通話利用をしていなくても、持っているだけで毎月の基本料金を支払う仕組みです。

プッシュ回線で毎月¥1,600〜¥1,700、ダイヤル回線では毎月¥1,450〜¥1,700のコストが発生しています。

年間で計算すると、¥20,000前後ですね。

固定電話を解約するだけで、年間¥20,000の節約ができて、振り込め詐欺や営業電話からも解放されるのです。

昔は固定電話を持っているかどうかが信用に大きくかかわっていたのも、昔の話です。

たいして利用していない固定電話は、下記の手段ですぐに解約しましょう。

固定電話を解約する方法

NTT固定電話の解約方法

局番なしの116に電話して、解約の意思を伝えましょう。

インターネットから解約したい方はこちらから。

KDDI固定電話の解約方法

0077-777に電話して、解約の意思を伝えましょう。

ソフトバンク固定電話の解約方法

0088-221-221に電話しましょう。解約の短縮番号は「15」です。

固定電話を解約するときに気をつけたいこと

ネットや携帯・スマホとセットで利用している

固定電話と同じ会社(または関連会社)が提供しているインターネット接続サービスや、携帯電話を利用している場合、セット料金として割引が適用されていることがあります。

固定電話を解約したときに、どのように料金が変わるか、事前に確認しておくといいでしょう。

インターネット電話を利用している

光回線の電話を使用している場合は、それぞれのインターネットプロバイダに問い合わせしましょう。

電話だけを解約し、インターネットはそのまま利用することもできるはずですが、使用しているルータによっては、ルータの交換などが必要になるかもしれません。

プロバイダにしっかりと確認しておきましょう。

固定電話を解約して困ることなんてない

私の実家も私が固定電話を解約しましたが、今思い返してみても、固定電話を解約して困ったことはありません。

電話を置いていたスペースも空き、不要な電話がかかってこなくなって家が静かになりました。

この記事にも書いたとおり、振り込め詐欺の97.5%が固定電話にかかってくるのです。

騙されてしまう人が後を絶たない振り込め詐欺に関わらないためにも、使っていない固定電話をこの機会にぜひ解約しましょう。

この記事のまとめ

・振り込め詐欺などの迷惑電話対策の基本は固定電話の解約。
・ほとんど利用していない固定電話は思い切って解約しよう!
・電話加入権の所有=信用力は昔の話。
・ネットやケータイとセット契約の場合は解約後の料金を事前に確認。
・光回線の電話を利用している場合はプロバイダに確認。
・固定電話を解約して困ることはない。