それいいね!

誰かの役に立ち、喜んでもらえるインターネットを。

【禁煙なんて簡単】タバコをやめたいならどんどん失敗しよう

ベランダでタバコを吸う男性

1日数十本のタバコ吸っていた私が禁煙してから、もう3年半が経過しました。

今では、まわりで人が吸っていても、まったく吸いたいと思いません。
むしろ、ニオイが気になり、しかめっ面をしてしまいます(自分が昔吸ってたくせにね)。

タバコをやめた日は、すぐに思い出せます。
結婚式の翌日です。

そう。私は、自分の結婚式で「明日から禁煙します」と宣言し、本当にそこから1本も吸わずに今日に至っているのです。

私はどのようにして、禁煙に成功したのでしょうか。 

タバコを吸う、という習慣

体によくないし、お金もかかるから、いつかはやめたい…と思いながら、惰性でタバコを吸い続けている人は多いのではないかと思います。私もそうでした。

朝起きたら1本、ごはんを食べたあとに1本、仕事を終えたら1本、この道を通る手前で1本…などなど、特定の行動パターンと「タバコを吸う」という行為がセットになっているんですよね。

行動パターンに染み付いた喫煙習慣。

「人間は習慣の奴隷である」なんていう言葉もあります。
この習慣を断ち切るには、かなりの覚悟が必要に思えます。

禁煙なんて、やめては吸っての繰り返し

では、禁煙するにはどうすればいいのか。

まず、禁煙は軽い気持ちから始めてみるのがいいと思っています。
禁煙しよう、と思いついたらちょっとやめてみる。

そして、どんどん失敗すること。
禁煙を決めては、何度も煙の世界に舞い戻ること。
そして、再び禁煙を思いついたら、またタバコをやめてみること。

失敗してもいいから、自分に嘘をついてもいいから、「禁煙する」というアクションをどんどん起こす。

やめては吸って、吸ってはやめてを繰り返す。

「タバコをやめる」「禁煙する」という行動を、自分の頭と体にに覚え込ませていくのです。

失敗しても、自分を責めない

禁煙すると決めたのに、あっさり撤回するなんて、オレはなんてダメなやつなんだ…。

禁煙ができるまでの間、私はこんなことを何回思ったことでしょうか。

最初の頃は「もう絶対にやめるんだ!」と意気込みながら、禁煙を決意していたものです。
だけど、私はそんなに強くない。
あっさりと撤回してしまう。
そして、自己嫌悪に陥る。

「タバコがなんだ!もう吸わないぞ!」と何本も残っているタバコの箱に水をかけてゴミ箱に捨てたのに、数時間後にまた買い直した、なんてこともありました。

デュポンのライターなんて持っていたのですが、そのオイルを捨てたり(もったいない)。

家のお気に入りの灰皿を捨てたりね(なんてことを)。

それでも、また吸い出してしまう。

どうしようもないですよね。
でも、だいたいみんなそんなものだと思うんですよ。

大切なことは、失敗しても自分を責めないこと。
また吸ったっていいんだ、くらいの気持ちを持ちながら禁煙に取り組むことがとても大事だと思っています。

どう転んでも、自分を肯定することです。

結婚式当日、ゲストの前で禁煙を宣言

禁煙と失敗を繰り返している頃、私は結婚式を控えていました。

家族・親族と親しい友人を招いての人前式だったのですが、式本番で夫婦それぞれ「誓いの言葉」をゲストの前で述べることになっていました。

もう十数回くらい禁煙に失敗していて、失敗が当たり前になっているタイミングでもあったのですが、

「そうだ、結婚式で禁煙を宣言してしまおう」

と思い立ったのです。

夫婦それぞれ「3つの誓い」を立てることにし、私はそのひとつに「明日からの禁煙」を盛り込むことにしました。

結婚式当日、私は翌日からの禁煙を宣言し、おかげさまで会場は笑いに包まれました(よかった)。

結婚式は盛況のうちに幕を閉じました。
いやー、今思い返しても、素晴らしい結婚式でした。

すんなりと禁煙できた

結婚式翌日。

昨日、禁煙を宣言した手前、多少のプレッシャーを感じつつ、起床後のタバコをスルー。
朝食後も吸わずに過ごすことができました。
まあ、これくらいはね…。

結婚式の翌日というのも何かと忙しいもの。
荷物の片付けやご祝儀の仕分けに追われていました。

頭の片隅には常に「禁煙中」の三文字がぷよぷよ浮かんでいました。

やがて、時間は過ぎて…

吸わずに1日過ごせちゃったんですよね。

拍子抜けするくらい、すんなりいけました。
丸一日吸わずに過ごしたなんて、何年ぶりだったでしょうか。

その後もタバコを吸わないで生活することができたのです。

あのときやめられて、本当によかったと思っています。

なぜ、私は禁煙できたのか

 禁煙できた主な理由は、3つ挙げられると思います。

1.何度も失敗してきたから
2.自分の好きな人たちの前で宣言したから
3.結婚式という非日常体験のあとだったから

この中で最も重要だと思ったのは、最後の3番目です。

ふだんの生活とはまったくちがう一日を過ごしたことで、つまり、タバコに支配されている日々とはまったくちがう一日を過ごしたことで、思考とタバコが(ある程度)切り離されたのだと思っています。

結婚式が終わったあとも、どこかフワフワしている気がして、あまりタバコのことを考えないで済んだと思います。
それだけ大きな体験だったということだと思います。

ですから、タバコとさよならしたいと思っている人も、何か大きな非日常体験をしてみるといいかもしれません。

海外旅行なんていいでしょうね。
あとは、スキューバ・ダイビングやマラソン、富士登山なんて効果的かもしれません。
ピンと来た人はぜひ試してみてください。

禁煙に成功すれば、きっと「意外と簡単だったなあ」と思うはずです。

失敗しても、自分を責めないこと。

失敗して当たり前の気持ちで取り組めば、(逆説的ですが)簡単にやめることができると思います。

軽い気持ちではじめて、たくさん失敗して、ドカンと非日常を体験してみましょう!