グッドインターネット

人を知り、自分を知る、ウェブメディア

【お正月】お年玉の相場はいくら?年齢・年代別に調べてみた

ついつい迷ってしまうお年玉の額ですが…

ついつい迷ってしまうお年玉の額ですが…

子どもの頃のお正月の楽しみと言えば、お年玉でしたよね。

小学生の高学年あたりになってくると、「あっちのおじちゃんはあまりくれないけど、こっちのおじちゃんはこれくらいはくれる…」などと、もらう前からがめつく計算していたものです。

いつしか時は流れ、誰もがお年玉を「もらう側」から「あげる側」へと立場が変わります。

いざ「あげる側」にまわってみると、誰にいくらくらいあげればいいのかいまいちつかめない。

小5のお兄ちゃんにこれだけあげるとしたら、2歳下の妹ちゃんにはいくらあげる?
こんなことを延々と考えてしまうわけです。

あくまで相場として、お年玉はいくらくらい差し上げるのが適切なのでしょうか。
年代別におおまかにまとめてみました。

未就学児(3歳〜6歳)のお年玉の相場

「1000円」または「500円」が多いようです。

子どもに手渡ししてあげると喜ぶでしょう。親の見ている前であげるのが安心です。

小学校低学年(1年生〜3年生)のお年玉の相場

小学生になると「1000円〜3000円」が相場になります。

割れない奇数が「慶事」、割り切れる偶数が「弔事」という理由で、2000円を避ける人もいるようです。

小学校低学年(4年生〜6年生)のお年玉の相場

この年代は「3000円」が圧倒的に多いようです。

友だちとお金を使って遊ぶ機会もそこそこ増えてくる時期です。この頃の私はお年玉を貯めて、もっぱらゲームソフトを買っていましたね。

中学生のお年玉の相場

中学生になると「5000円」が多いですね。

何に使うかを自分でしっかり考え、余った分は自分で貯金してもらいましょう。

高校生のお年玉の相場

「5000円以上」が相場です。一気に上がって1万円!という場合もあるようです。

高校生になるとアルバイトを始める子も出てきます。お金との関わりが一層密接になってくる年代ですね。

大学生のお年玉の相場

「10000円」が相場ですが、もう十分大人であるということを認めた上で「あげない」という選択肢もあるようです。

 

地域によって多少の差異はありますが、だいたいの相場はわかりましたね。

私もこの記事を書きながら「あー、姪は中学生になったから5000円かー」と軽いため息をついていました。

ポチ袋の種類もすごく多彩!

Amazonで見ていたら、なかなか楽しいポチ袋をたくさん見つけました。
せっかくなのでご紹介。

おいおい、なんだよこりゃ。

これも…。

定番の富士山。

これなんてキレイですよね。

子供が大好きアンパンマン!

これでもらったら、ちょっとウレシイかも。

お年玉デザインのAmazonギフト券も!

中国ではQRコードでお年玉を贈っている

この記事にあるように、中国ではWeChatでお年玉を贈っています。

現在2歳の長女や0歳の次女がお年玉を受け取るようになる頃には、日本でもQRコードお年玉が一般的になってるかも…。

この記事のまとめ

・未就学児(3歳〜6歳)のお年玉の相場は500円か1000円。
・小学校低学年(1年生〜3年生)のお年玉の相場は1000円〜3000円。
・小学校高学年(4年生〜6年生)のお年玉の相場は3000円。
・中学生のお年玉の相場は5000円。
・高校生のお年玉の相場は5000円以上。
・大学生のお年玉の相場は10000円。または「もうあげない」